管理業務主任者ナビ

管理業務主任者ナビへようこそ

管理業務主任者についても、
管理会社に一定の設置義務があることから
今後人気が高まる可能性があります。

 

第二の宅建資格とも言われるこの管理業務主任者についても、
取得すると転職や就職にも有利です。

 

管理業務主任者の試験実施機関は、
マンション管理士とは異なり、
社団法人構想住宅管理業協会です。

 

管理業務主任者は、管理組合と管理会社において
締結された契約書について、
管理組合に重要事項を説明することを業務とします。

 

また、受託した管理業務の処理状況のチェック、
その報告など、マンション管理のマネジメント業務を行います。

 

この管理業務主任者は、30の管理組合に対して、
管理会社に1人以上置くことが義務となっています。

 

人材の流動化が激しい管理会社にとっても、
今後は管理業務主任者が常時必要となることが考えられ、
ニーズは高くなってきます。

 

管理業務主任者になるためには、
管理業務主任者試験に合格し、
管理業務主任者として登録することが必要です。